近年では、デリケートゾーンのムダ毛ケアを脱毛サロンで行う女性が多いですが、その際に多くの人に選ばれているお店がミュゼです。
ミュゼの脱毛法は、ジェルで肌を保護しながらムダ毛を処理していくSSC脱毛なので、全身の中で最も痛みを感じやすいVIOラインであっても、ほとんど痛みを感じずに処理できる点が魅力となっています。
そんなSSC脱毛は光脱毛の一種である為、毛が生えたままの状態では施術を行うことができません。
施術を受ける為には、基本的に前日までに自己処理で表面の毛を剃っておく必要がありますが、その際に問題となるのが、iラインの処理方法です。
デリケートゾーンの中でも、vラインは比較的自己処理が簡単ですが、iラインは非常にダメージを受けやすい部位である為、慎重に行う必要があります。
肌を傷つけずにiラインの処理をする為に、用意しておきたいのが電気シェーバーです。
カミソリよりも少ない負担でムダ毛を剃ることができる電気シェーバーであれば、デリケートなiラインの処理でも安心ですが、毛が長い場合、そのまま電気シェーバーを使うと引っかかって肌に刺激を与えてしまう可能性があります。
なので、長い毛が生えている場合には、まず慎重にはさみで短めにカットしてから、電気シェーバーを使うようにしましょう。
いかに肌に優しいミュゼのSSC脱毛であっても、事前の自己処理で肌を傷つけてしまうと施術の進行に影響してしまうので、iラインの処理は特に丁寧に行いましょう。